時計修理とオーバーホール

時計のオーバーホールとは
腕時計、特に機械式時計にとって欠かせないメンテナンスが オーバーホールです。 オーバーホールとは、部品単位にまで時計を分解し、 内部と部品の清掃を行います。 その上で、内部や部品を点検し、傷んだ部品の交換や 劣化した潤滑油
時計のベルト修理
腕時計で壊れやすい部分と言えば、ベルトです。 身につけている間、常に力がかかっていたり、 外に出ていて、良く動く腕に着けているわけですから、 何かにぶつかる可能性も高い部分です。 コマが外れてしまったり、完全にちぎれてしまった場
時計 オーバーホール
時計の性能を最大限に保つために、 定期的なオーバーホールは欠かせません。 特に機械式時計は、精密に組み上げられた部品が、 毎秒毎秒正確に時を紡いでいくわけですから、 少しの歪みが大きな狂いや故障を招きます。 3年か
時計 ベルト
腕時計のベルトは、可動であることから、 比較的壊れやすいパーツです。 ケースと同様露出しているので、 傷が付きやすいのも気になる所。 ただ、少しの歪みであったり、 多少の傷が付いたのをきれいに直そうとすると、 正規店
時計 アンティーク
時計を修理するときに特に差が出るのが アンティーク時計のメンテナンス。 技術や信頼性など、職人によって かなり腕の差が出てくるので、 お店選びは非常に重要です。 アンティークとなると、価値も高くなり 下手なお店に任せると、 大幅に価値が下